YouTube広告で掲載することで新たな集客が見込める

広告navi

知っておきたい情報

PC

メリットについて

YouTube広告を活用すること様々なメリットがあります。メリットについてはこちらのページにまとめているので、ぜひチェックしてみてください。きっとYouTube広告の良さに気付くでしょう。

READ MORE

YouTube広告で気を付けるべき点

目的や目標を設定する

まずYouTube広告を使う目的について明確にする必要があります。それによって、動画の内容や広告の設定も大きく変わってきます。リスティング広告で取り切れなかったユーザーに対して動画広告を見せます。そして、動画を見せた後に自社サイトへ誘導して、問い合わせや申し込みに結び付けることができれば、獲得単価やコンバージョンの数が指標となるのです。

配信対象を絞る

YouTubeのユーザー数というのは、膨大であるため配信対象を絞らないと無駄な広告費がかさみます。また、全く関連のないユーザーに広告動画が流れることによって、ブランドイメージの低下につながってしまうのです。

動画のみだしと説明文で興味を惹く

検索連動型のディスカバリー広告で表示される際には、ユーザーから興味をもらってクリックしてもらえるような動画のタイトルと説明文を設定します。そうすることで、多くの人の目を引いて、きっといろいろな方に主旨を伝えることができるのです。

最初の5秒間が勝負

インストリーム広告では、動画が表示されてから5秒後にスキップすることが可能なので、最初の5秒間で如何にユーザーの興味を惹くことができるかが勝負なのです。また、興味を持ってもらえないユーザーに対しては、5秒後にスキップしてもいいですよというメッセージを動画の中身に入れ込むことで無駄な広告費を防ぐことが可能になります。

質の悪い動画は配信しない

ユーザーが見たい動画の前に流れる広告なので、あまりにも質が悪い動画であれば、ユーザーからの不快感やブランドに対する不信感を与えかねないのです。YouTubeで広告動画を配信する際には、動画の質にこだわる必要があります。

YouTube広告について

女の人

True view広告とは

True view広告というのは、YouTube内で展開されている動画広告の名称になります。YouTubeを利用する際に見たい動画が流れる前の広告動画の配信フォーマットとなります。そして、広告がクリニックされたり、一定秒数以上視聴されたりすることで料金が発生して、セグメントを絞れることから費用対策効果の高い広告なのです。このようなTrue view広告の表示形式は基本的に2種類に分けられます。それは、インディスプレイ広告とインストリーム広告になります。

インディスプレイ広告とインストリーム広告について

インストリーム広告は、YouTube内の動画検索において、動画に関するキーワードで検査された場合もしくは動画が再生されているときに、関連する動画としてユーザーに訴求する広告枠です。そして、クリックされた時点で課金が発生します。一方インストリーム広告は、動画を閲覧する直前に流れる広告です。動画一覧画面でサムネイルをクリックして、再生画面に入ると自動的に再生されます。ほとんどのインストリームは時間制限がなく5秒閲覧するとスキップできます。しかし、純広告型であれば、インストリーム広告は再生時間が15秒間に決められており、スキップすることができない仕様となっているのです。インストリーム広告の視聴を希望しないユーザーは、広告をスキップさせることができる一方で、30秒以上閲覧された場合のみ費用が発生するという効率的な動画プロモーションなのです。そして、動画広告再生中にバナーを設置することが可能で、バナーや広告画面等をクリックすることで、指定のサイトまでユーザーを誘導することができます。

YouTube広告を測定するツール

YouTube広告は配信するだけでなく測定することがより重要なのです。測定するものは、インプレッション回数(表示回数)やクリック率(広告表示のうち、クリックされた数の割合)、コンバージョン率(購入、設定した目標に達した率)になります。さらに、この測定を効率よく行うサービスがあるのです。それが、YouTubeアナリティクスです。これは、YouTube無料分析ツールです。誰が、どのくらい広告を見ているのかを分析することができるツールになります。YouTubeアナリティクスには、再生回数はもちろん、ユーザー層や視聴者維持率、トラフィックソースなどを分析することができ、広告の効果や改善点を見つけ出すことができるのです。視聴者維持率というのは、動画がどこまで見られて、どのタイミングで離脱したかを確認することができます。また、トラフィックソースではユーザーが動画をどこから見つけて再生したのか、そして、YouTube検索からの流入数や検索ワードを確認でき、ターゲティングなどに役立てられます。

広告募集中